むちうちなら誉田南口整骨院

骨盤・姿勢矯正で痛みを根本から改善!

筋膜ストレッチ

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!

section class=”owaku”>
悩みタイトル

腰が痛い
腰の痛みがあるが、腰の治療をしてもなかなか良くならない。そんな場合、実は腰に原因があるのではなく足の筋膜や腸腰筋に原因がある可能性が高いです。

身体が硬い
筋膜が凝り固まる事により、筋肉がスムーズに動かなくなり身体が硬くなってしまう事があります。

足のむくみが取れない
ふくらはぎの筋膜や、腰から太ももについている「腸腰筋」が硬くなる事により、上手く血液循環が出来なくなり、足にリンパが滞り、むくみが中々取れない状態になってしまいます。

首や肩の張りが取れない
筋膜は全身で繋がりがあるので、足の筋膜が凝り固まってしまうと、首や肩の筋膜を引っ張って首や肩の辛さや張りが取れないこともあります。

姿勢が悪くなりやすい
筋膜は骨格と同じく、全身を支える働きもあるので、筋膜がしわになってしまうと上手く身体を支えられず姿勢が崩れてしまう原因にもなります。

筋膜とその働きとは

筋膜とは、全身を包みこむ全身タイツの様なイメージのものです。
筋膜はコラーゲンと水分が主な成分で骨と骨の間に付いている筋肉の位置を固定し、正常な位置から逸脱しないようにする働きがあります。
お店で売られている、とり肉の周りについているサランラップの様な薄い膜が筋膜ですので、それをイメージして頂けるとわかりやすいと思います。
また、筋膜が包んでいるのは、筋肉だけではなく、骨や内臓、血管、神経など、身体の中のすべてのパーツを包みこみ、骨格と同様に人体を支える役割をしています。
筋膜を残して他の人体組織を溶かしても、人の身体の形に筋膜が残ると言われるくらいに全身を覆っています。そのため筋膜は「第2の骨格」とも呼ばれています。

なぜ筋膜ストレッチが必要なのか

筋肉を覆っている筋膜が硬くなり、しわになってしまうと、包み込んでいる筋肉も一緒に巻き込んでしまい凝り固まってしまいます。
この状態で筋肉をゆるめようと、マッサージや普通のストレッチをしても、筋肉を覆っている筋膜が硬くしわになっているため、筋肉が上手くほぐれず、またすぐに硬くなってしまいます。
普通のストレッチをすることも大事ですが、筋膜ストレッチをすることにより硬くしわになってしまった筋膜をリリースし筋肉を柔らかくすることが出来る状態に近づけてあげる必要があります。
普段1人でやっているストレッチでは筋肉は伸ばせても、筋膜までは伸ばせない事が多いので、筋膜ストレッチをしつつ、自分でもストレッチでケアをすることが大切です。

筋膜が正常でないとどんな症状が起きるのか

筋膜は全身を覆っている全身タイツのようなものです。
その全身タイツ(筋膜)が一部で縮んでいたり、しわがよっていたり、固定されていたら・・・。まず柔軟性がなくなります。筋膜は骨格も包み込んでいるので、良い姿勢を維持するのが難しくなったりもします。また筋膜は筋肉も包み込んでいるのでしわになってしまうと動くことがぎこちなくなったり身体が硬くなったりします。
ふくらはぎや腸腰筋の筋膜が硬くなると血液循環が上手くいかず、足のむくみや、冷え症の原因にもなります。
また、筋膜はコラーゲンと水分が主な成分となっていて、加齢に伴い水分が失われるとしわになりやすく、筋膜同士が癒着してしまい、筋膜がしわになり、結果として引っ張りが起こり、しわや凝りとなる場所から遠い部分の筋膜も引っ張られてしまい原因とは別の部分の痛みや不具合を引き起こすこともあります。

当院の筋膜ストレッチ(筋膜リリース)とは

当院の筋膜ストレッチは下肢の筋膜を中心に行う筋膜ストレッチです。
通常のストレッチでは筋肉を伸ばしていくのですが、当院の筋膜ストレッチでは通常のストレッチに加え筋膜のしわを伸ばしやすい方向に動きを加える事で、筋肉だけでなく筋膜のしわを効率的に伸ばしていく事ができます。
筋膜には全身のつながりがあり、特に繋がりの強いラインがあります。
その中でもバックライン(背面の筋膜)、フロントライン(前面の筋膜)、ラテラルライン(側面の筋膜)という腰や足に密接なつながりのある筋膜があります。
当院の筋膜ストレッチはこの3つの筋膜ラインを重点的に伸ばしていくことで筋膜の凝りや硬さをとっていき、原因となる場所以外の症状も改善することができる施術になります。

その施術をうけるとどうなるのか

腰の痛みの原因が足の筋膜や腸腰筋の硬さに原因がある場合、その部分の筋膜の硬さを取ってあげる事で腰の痛みが改善します。
また筋膜がしわになる事で筋肉を巻き込んでいて柔軟性がなくなり身体が硬い方は、筋膜のしわを取る事で、足があげやすくなったり、歩きやすさも出す事ができます。
ふくらはぎが硬かったり、腸腰筋が硬い方は足がむくみやすいのでふくらはぎ、腸腰筋を伸ばす事により締め付けている血管の圧迫が少なくなり血流がよくなったり、ふくらはぎがしっかり動く事でポンプの役割を果たし、むくみが改善してきます。
首や肩も筋膜でのつながりがあるので首や肩の症状も足の筋膜をゆるめることで改善することがあります。
筋膜をゆるめることで、筋肉もゆるんでくるので、筋肉が骨を引っ張る力が少なくなり姿勢を維持しやすくなります。

施術頻度は??

症状を改善するには症状の強さにもよりますが、筋膜ストレッチは毎日受けて頂いた方が早く柔軟性が出やすいです。ですので最初のうちはなるべく間を開けずに通院していただき(週に2~3日が理想的です)、症状が落ち着いてきたらペースを落としていき、改善後は2週間に1回のペースで行い、自宅でもストレッチをすることをオススメします。
1回の施術でも高い効果が期待できますので、週に何度も来られない方、週1回の施術でも、ご自宅でのストレッチもプラスしていただければ期間は長くなってしまいますが改善していくことは可能です。

▲ページの先頭へ戻る

誉田南口整骨院のご案内

【住所】〒266-0005 千葉県千葉市緑区誉田町2丁目24 【電話】 TEL:043-312-1550

誉田南口整骨院景観
受付時間 土・日・祝
午前 9:30 ~ 12:30 8:00 ~12:30
午後 15:00~ 21:00 15:00 ~17:00

年中無休で営業しております。

当院までの地図

JR外房線 誉田駅 南口より徒歩30秒

詳しい案内は「所在地・地図」でご覧になれます。

院の前に3台分、近隣に4台分あります

瀬又、大膳野町、誉田町など広く地域の方にお越しいただいております。

お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る

当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する