むちうちなら誉田南口整骨院

骨盤・姿勢矯正で痛みを根本から改善!

ヘルニア

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. その長年のお悩みはただの首肩の凝り、腰痛ですか?
    こんな症状がある方は要注意です。
    首~肩の症状
    首~肩の凝りが強く酷い時は背中まで痛くなる
    寝違えたような痛みから段々手や肩に強い痛みが出た
    腕の痛みやダルさ、むくみが出て手まで痺れが出る
    手に力が入りにくくなり、細かい動作が出来ない
    腰の症状
    腰から足にかけて痛みや痺れが出る
    痛みや痺れで長時間歩けない
    立ち座りの動作が痛い
    立っていると段々痛みが増してきて、座っても痛みがあり座り続けていられない
    腰や足に力が入りづらく、太ももや足の感覚が鈍い
    このような症状が多く当てはまる方は椎間板ヘルニアになっているかもしれません。

  2. ヘルニアに対する当院の考え

    椎間板ヘルニアとは何か?
    人間の背骨は椎骨という骨で構成されていてら椎骨と椎骨の間に、背骨を繋げてクッションの役割を果たす椎間板があります。
    この椎間板が変性し、椎間板の中にある髄核というものが飛び出て、飛び出した髄核が背骨の間を通る神経を触れたり、圧迫を受け、炎症によって痺れや痛みを起こす病気です。
    椎間板ヘルニアは首から腰までどの場所にも発生する可能性があり、頚椎椎間板ヘルニア、胸椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニアに分類されます。
    主な原因は加齢や生活習慣のストレスによって体の重みを支えている椎間板が負荷を受けて劣化することで起こります。
    激しいスポーツをした時や急に重い物を持ってもなりますが、その中でも特に生活習慣で起こることが多いです。
    長時間座っている・立っている、姿勢不良、同じような動作を繰り返すなど、誰にでも起こる可能性があります。

  3. ヘルニアを放っておくとどうなるのか

    皆さんは椎間板ヘルニアと聞いて、腰の痛みの症状から始まり、その後お尻や脚に痛みやシビレが生じるというイメージを持たれている方が多いと思います。もちろん椎間板ヘルニアが原因で腰痛を誘発しまい、症状を長引かせてしまうと慢性腰痛の要因にもなりかねます。
    また、お辞儀やイスに座るといった前傾姿勢をとることで症状が強まるというのが、椎間板ヘルニアの特徴的な症状なのですが、椎間板ヘルニアには主に神経根型と馬尾型の2種類のタイプの椎間板ヘルニアがあります。神経根型と呼ばれる椎間板ヘルニアは進行しにくいタイプであり、危険度はあまり高くはありません。
    しかしもう1つ馬尾型と呼ばれる椎間板ヘルニアは進行しやすいタイプであり、神経根型と比べ、危険度が高くなります。馬尾型の椎間板ヘルニアを治療せずに放置してしまうと、排尿障害を引き起こし、さらに進行してしまうと、歩行困難となることもあり、寝たきり生活となる可能性も起こります。

  4. 当院のヘルニアに対する施術とは

    椎間板ヘルニアの治療法と当院の施術メニュー
    椎間板ヘルニアは、手術をしなくても治る場合が多いです。
    そのためには、椎間板ヘルニアであってもそれ以外の普段からの腰痛であっても筋肉が緊張し腰痛を悪化させている場合が多くあります。
    その筋肉に、針治療、お灸、手技のマッサージを行うことで筋肉がほぐれ痛みが緩和してきます。
    また痛みの出ている方の骨格をみると多くの方が骨盤が傾き、歪みがあります。
    また、背骨がゆがんでいます。
    骨格の調整も同時に行うことで筋肉はさらにほぐれ、再発予防にもつながるので、当院の骨盤矯正もオススメです。
    連続した歩行で得られるような力を関節や筋肉などに与えていく事によって正常な回復へと導くよう様々か治療でお手伝いをし、歩行や良くなる為の運動を通じて正しい手引きが出来るようにしつつ、回復のために治療していきます。
    根本的に解決するにはその圧力やストレスの原因である筋肉の過緊張や骨格のゆがみをリセットし、椎間板に負担がかからない状態にする必要があります。その後後療としてフレクションテーブルやマッサージなどをもちいて患部の状態を保全していきます。

  5. その施術を受けるとどう軽減するのか

    当院で施術を受けることによってまずは痛みの緩和が期待されます。痛みが出たことにより周りの筋肉は痛みを減らそうと緊張してしまいます。常に筋肉が使われることによって筋緊張が強くなってしまい、結果として腰以外の場所にも痛みが出現する可能性が出てきてしまいます。手技治療を行い腰の筋肉や周りについている緊張の強い筋肉をほぐすことによって痛みが和らいで行きます。

    次に矯正治療を行うことにより痛みの防止が出来ます。スポーツや労働をされていて負担が多くかかった際に起こりやすいですが、負担のかかりやすくなる原因は作業中の姿勢にあります。痛みが緩和された状態であっても同じように生活をしていればさらに腰に負担がかかってしまい、痛みは強くなるばかりです。姿勢を正す矯正治療を行うことによって痛みの出にくいお身体ににすることが出来ます。

    また、人によっては体幹の筋肉で自分の姿勢を支えられず前屈みになってしまう人もいます。体幹の筋肉とは背骨を守ってくれるコルセットの役割を果たします。自分自身で鍛えることが難しいようでしたらEMSという機械を使って楽に体幹の筋肉を鍛えてもらいます。

    しっかりと治療をして頂ければ、ただ痛みが無くなるだけでは無く同じことを繰り返すことの無いお身体へと変わります。

  6. 施術頻度はどのくらいか

    治療頻度の目安としては週に2回になります。時間が空いてしまうと治療の効果が薄れてしまう為、完全に効果が無くなる前に来てまた治療を受けて頂きます。週に多く通うことで治療効果はどんどん高まり、結果として治療期間は短くなります。
    期間としては筋肉が緩むのに3ヶ月〜6ヶ月、骨格が整うのは6ヶ月〜12ヶ月が目安になります。その方の生活背景によって期間は前後します。
    実際にご来院頂いてお体の状態を見させて頂くまでは詳しくはわかりませんので、一度お話しを聞かせて頂ければと思います。

▲ページの先頭へ戻る

誉田南口整骨院のご案内

【住所】〒266-0005 千葉県千葉市緑区誉田町2丁目24 【電話】 TEL:043-312-1550

誉田南口整骨院景観
受付時間 土・日・祝
午前 9:30 ~ 12:30 8:00 ~12:30
午後 15:00~ 21:00 15:00 ~17:00

年中無休で営業しております。

当院までの地図

JR外房線 誉田駅 南口より徒歩30秒

詳しい案内は「所在地・地図」でご覧になれます。

院の前に3台分、近隣に4台分あります

瀬又、大膳野町、誉田町など広く地域の方にお越しいただいております。

お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る

当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する