むちうちなら誉田南口整骨院

骨盤・姿勢矯正で痛みを根本から改善!

腰痛・ぎっくり腰

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    腰を傷めて、治るかと思って放っておいたら段々痛くなってきた
    病院に行ったけど湿布をくれるだけで何もしてくれない
    産後に腰痛が悪化した
    痛いけれどどこに行っていいのかわからない
    痛みだけでなく足にシビレが出てきた

    そんなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
    実は整骨院を受診される患者様のお悩みで、1番多いのが腰痛です。

    誉田南口整骨院では、腰痛に対して対症療法ではなく、原因を特定し根本的に改善することを目指しています。

  2. 腰痛に対する自院の考え

    明るい挨拶

    腰痛はデスクワークやスマホの操作など、前屈みの姿勢が増えてきたことによる現代病とも言える症状です。最近では10代・20代の方でも腰を傷め通院されている方が増えてきています。
    筋肉は本来ゴムと似た性質があり、ゴムの様に伸び縮みすることで身体を動かしています。古くなったゴムを引っ張るとすぐに切れてしまうように、筋肉も硬くなってしまうと切れやすくなります。
    強い衝撃を受けた覚えがなくても腰痛になることがあります。それは日常生活の負担が腰回りの筋肉にかかり続け、筋肉が硬くなり、その筋肉が伸ばされ切れる事で起こるのです。
    筋肉の硬さは骨格・骨盤の歪みにより姿勢が悪くなり過度に筋肉に負担がかかる事によっておきます。
    筋肉を作る材料は血液によって運ばれます。骨格が歪んでしまうと、血流が悪くなり、筋肉を作る材料が足りなくなることにより、新陳代謝が悪くなり古く硬い筋肉が出来上がっていきます。骨格が歪んだままだと傷んだ部分に常に負担がかかっているので痛みが強くなったり、長引いてしまいます。
    筋肉は身体全体にあります。骨格の歪みは腰痛だけでなく筋肉がある身体全体の不調にもつながっていきます。腰を傷めた時、少しすれば治るだろうと言う考えは危険です。たかが腰痛と侮らず、早期の治療が必要だと当院は考えています。

  3. 腰痛を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    腰痛を放っておくと少しずつ痛みが増していき、ぎっくり腰になりやすくなります。ぎっくり腰を繰り返し発症する人もいます。
    また、さらに症状が進むと硬くなった筋肉が背骨や神経を圧迫し、ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・すべり症・分離症など様々な重篤な症状に悪化していきます。
    ヘルニアや坐骨神経痛になると腰や臀部、足などにしびれが出たり、立てなくなったり、脊柱管狭窄症では間欠性跛行と言い、しばらく歩くと足に痛みやしびれを生じ、少し休むとまた歩けるようになる症状が出てきます。
    ヘルニアや脊柱管狭窄症になると「手術しないと良くならない」と言う方も多数いらっしゃいますし、中には「手術しても症状があまり改善しなかった」と言う方もいらっしゃいます。
    また腰痛の根本的な原因の大半である骨格や骨盤の歪み放っておくと、足が外側に開いていきO脚・X脚の状態になり、将来的には膝に負担がかかり変形性膝関節症にもなってきます。足の外の開きは足首痛、土踏まずの痛み、膝の痛み、鼠径(そけい)部の痛みにもつながっていきます。
    そうならない為にも痛みが出る前、違和感や重さを感じた時に治療することで改善が早く出来たり、予防にもつながります。

  4. 腰痛の改善方法

    明るい挨拶

    ではどうすれば腰痛は改善できるのか?まず痛みが出ている硬くなった筋肉をゆるめていく必要があります。筋肉は重なり合って層になっています。表面から指の圧が届く浅い部分、浅い部分の筋肉の下にあり指の圧が届かない深い部分に分けられます。
    浅い部分の硬くなった筋肉は、手技治療で筋肉自体をゆるめていき、また遠赤外線による温熱治療で血流を改善し筋肉の材料を運ぶ、修復電流(マイクロカレント)と呼ばれる微弱の電流をかけてあげる事で細胞を活性化し、ゆるみを出します。
    それらの治療だけでは深い部分の筋肉まで刺激が届かず、奥深くの硬くなった筋肉をゆるめることはできません。奥深くの硬くなった筋肉をゆるめるためには、硬くなった筋肉に直接刺激を加えることでゆるみを出せる鍼治療、高出力の電気で奥深くの普段使っていない筋肉を動かすことにより血流をよくし改善していく高周波による電気治療があります。
    これらの治療で筋肉をゆるめていっても、根本的な原因である骨格・骨盤の歪みがあるとせっかく筋肉をゆるめてもまたすぐに負担がかかり筋肉が硬くなってしまいます。そこで根本的な原因である骨格・骨盤の歪みを取る全身骨格矯正で筋肉の負担を減らす必要があります。骨格を矯正することで筋肉にかかっている負担を減らすことが出来るので痛みの改善にも即効性があります。

  5. 腰痛にはどんなメニューがおすすめですか?

    姿勢矯正

    腰痛を改善するには骨格・骨盤の歪みを取る全身骨格矯正、骨格を支える為のインナーマッスルをつけるEMSの治療がお勧めです。

  6. 改善するにはどのくらいの頻度で通えばいいのか

    明るい挨拶

    腰痛を改善するには、痛みが出ているうちは詰めて毎日通ってもらい、痛みが取れてきたら週3回、その後状態を見ながら週2回・・・と回数を減らしていくのが理想です。

▲ページの先頭へ戻る

誉田南口整骨院のご案内

【住所】〒266-0005 千葉県千葉市緑区誉田町2-24 【電話】 TEL:043-312-1550

誉田南口整骨院景観
受付時間 土・祝
午前 9:30 ~ 12:30 8:00 ~12:30 8:00~13:00
午後 15:00~ 21:00 15:00 ~17:00

年中無休で営業しております。

当院までの地図

JR外房線 誉田駅 南口より徒歩30秒

詳しい案内は「所在地・地図」でご覧になれます。

院の前に3台分、近隣に4台分あります

瀬又、大膳野町、誉田町など広く地域の方にお越しいただいております。

花粉症治療行ってます。

こんな症状で悩みの方へ

当院のこだわり

当院について

誉田南口整骨院ブログ

スタッフ募集

クレジットカードがご利用いただけます。

ご年配の方、女性の方も気軽に入れます

誉田南口整骨院には、千葉市の緑区・稲毛区・若葉区・花見川区などの地域から多く来院されています。

混雑状況テーブル

お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る

当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する